津田青楓 図案と、時代と、

2022年6月18日(土)~2022年8月14日(日)
June 18, 2022-August 14, 2022

前期:6月18日(土)~7月18日(月・祝)
後期:7月20日(水)~8月14日(日)
※会期中、一部展示替えがあります

津田青楓『青もみぢ』1巻(本田雲錦堂)より、明治32(1899)年、山田俊幸氏蔵 ©Rieko Takahashi

津田青楓『うづら衣』(山田芸艸堂)より、明治36(1903)年、スコット・ジョンソン氏蔵 ©Rieko Takahashi

津田青楓『うづら衣』2巻(山田芸艸堂)より、明治36(1903)年、スコット・ジョンソン氏蔵 ©Rieko Takahashi

津田青楓《描更紗鶴図衝立》大正5(1916)年頃、笛吹市立青楓美術館蔵 ©Rieko Takahashi

津田青楓(装幀)夏目漱石『道草』(岩波書店)大正8(1919)年13版(初版:大正3年)山田俊幸氏蔵

津田青楓《表紙原画『心之園』(田山花袋著)》大正9(1920)年、個人蔵

神坂雪佳『とうか会』より(合名会社芸艸堂)明治40(1907)年、スコット・ジョンソン氏蔵

浅井忠(図案)・杉林古香(制作)《鶏合蒔絵硯箱》明治36(1906)年、佐倉市立美術館蔵

富本憲吉『富本憲吉模様集第一』より(田中屋)大正4(1915)年、山田俊幸氏蔵

工芸品の下絵として捉えられがちな「図案」。しかし明治から大正時代は「図案」は必ずしも何かに応用されるために描かれるのではなく、また「絵画」とも異なるものとして存在するようになった時代でした。
明治時代、ヨーロッパの美術やデザインが日本でも広く知られるようになると、それまでの伝統的な図案から脱却し、独自の創意をもって考案しようという機運が高まりました。職人の仕事とされていた図案制作に画家も携わるようになり、その芸術化が試みられた、いわば図案の変革期だったのです。
本展は、明治30年代に京都で多くの図案集を出版し、大正時代には夏目漱石らの本の装幀も手がけた津田青楓  つ   だ せいふう (1880-1978)を軸に、図案集と図案に関する作品を紹介します。青楓は、明治13(1880)年に京都に生まれました。明治から大正、昭和時代と目まぐるしく変化する社会の中で、日本画、洋画、工芸、書など幅広い分野で活躍しました。明治37(1904)年には、青楓自身も図案の研究会を結成し、日本画の師である谷口香嶠  たにぐち こうきょうや、当時、京都に新たな美術やデザインをもたらした洋画家の浅井忠を顧問に迎えて雑誌の刊行も行っていました。前年に刊行した図案集『うづら衣』では「自己は自己の図案をつくらねばならん」と制作にかける意気込みを語っています。
それまでの形にとらわれず、自己の表現としても制作されるようになった図案。津田青楓の作品を通し、職人の仕事から美術家の作品へと昇華された「図案」の世界をお楽しみください。

 

報道関係者様用→「津田青楓 図案と、時代と、」展プレスリリース

展覧会情報

会期 2022年6月18日(土)~2022年8月14日(日)
June 18, 2022-August 14, 2022

前期:6月18日(土)~7月18日(月・祝)
後期:7月20日(水)~8月14日(日)
※会期中、一部展示替えがあります
入館料一般800円(640円)大学生640円(510円)、
高校生・60歳以上400円(320円)、小中学生100円(80円)  
*( )内は渋谷区民の入館料
*土・日曜日、祝休日および夏休み期間は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料 
*障がい者及び付添の方1名は無料

リピーター割引
観覧日翌日以降の本展会期中、有料の入館券の半券と引き換えに、通常料金から2割引きでご入館できます。

土・日曜日、祝日・最終週は「日時指定予約制」
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、土・日曜日、祝日、および8月9日(火)以降の最終週は「日時指定予約制」となっております。
当ホームページより日時指定予約をお願いします。お出かけの際は、最新の情報をご確認ください。
ご予約はこちら
休館日月曜日(ただし、7月18日を除く)、7月19日、8月12日

イベント情報

申込受付終了②特別イベント「木版摺りの実演」

津田青楓が図案集を出版していた芸艸堂の協力により、明治時代の版木を使用した実演をご覧いただきます。終了後は簡単な摺り体験もできます。

日時:7月10日(日)14:00~15:30 地下2階ホール
講師:森光美智子氏(浮世絵木版画彫摺技術保存協会会員)
井上孝一氏(美術書出版株式会社芸艸堂)

※無料(要入館料) ※定員15名(要事前申込、先着順)

定員に達したため、申し込み受付を終了しました
【イベント事前申込方法】
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて承ります。
1通または1回のお申込につき1名のみ申込可。

【往復はがき】
〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、参加希望のイベント名(② 7/10実演)をご記入の上、「松濤美術館イベント」係までお申込みください。7/6(水)必着。1通につき1名のみ申込可。

【予約サイト】
当館ホームページの日時指定予約サイトのカレンダーから、各イベントを選んでお申込みください。(2022年6月20日0:00から受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に予約完了メール「@airrsv.net」と当館からのメール「@shoto-museum.jp」が受信できるようにドメイン設定をお願いいたします。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

申込受付終了③特別講座「津田青楓の図案の世界」

日時:7月17日(日)14:00~15:00 地下2階ホール
講師:大平奈緒子(本展担当学芸員)

※無料(要入館料) ※定員30名(要事前申込、先着順)

定員に達したため、申し込み受付を終了しました
【イベント事前申込方法】
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて承ります。
1通または1回のお申込につき1名のみ申込可。

【往復はがき】
〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、参加希望のイベント名(③7/17講座)をご記入の上、「松濤美術館イベント」係までお申込みください。7/13(水)必着。1通につき1名のみ申込可。
【予約サイト】
当館ホームページの日時指定予約サイトのカレンダーから、各イベントを選んでお申込みください。(2022年6月27日0:00から受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に予約完了メール「@airrsv.net」と当館からのメール「@shoto-museum.jp」が受信できるようにドメイン設定をお願いいたします。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

学芸員によるギャラリートーク

日時:7月1日(金)、9日(土)、24日(日)、各日14:00~14:30

※無料(要入館料) ※事前申込の必要はありません(土・日は要入館予約)

※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

イベント一覧