華めく洋食器

大倉陶園100 年の歴史と文化
100 years of Japanese Tableware – Okuratouen

2019年6月8日(土)~2019年7月28日(日)
June 8, 2019-July 28, 2019
*会期中展示替えがあります

《ルリ透かし彫サービス皿》1940‒1945 年 個人蔵

1919(大正8)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして、今日まで世界に誇る製品を生み出し続けてきました。本展は、同園の優れたデザインや品質を紹介するとともに、多くの財界人や老舗ホテル等のために製作された作品を展示し、日本の洋食器文化における大倉陶園の役割を探ります。また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時の様子を伝える資料も併せてご覧いただきます。

展覧会情報

会期 2019年6月8日(土)~2019年7月28日(日)
June 8, 2019-July 28, 2019
*会期中展示替えがあります
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
*( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
*土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料
*障がい者及び付添の方1名は無料
休館日月曜日(ただし、7月15日は開館)、7月16日(火)
主  催:渋谷区立松濤美術館、神奈川新聞社