SHIBUYAで仏教美術

―奈良国立博物館コレクションより

2022年4月9日(土)~2022年5月29日(日)
April 9(Sat.), 2022-May 29(Sun.), 2022

前期:4月9日(土)~5月8日(日)
後期:5月10日(火)~29日(日)
※会期中、一部展示替えがあります

《薬師如来坐像》
銅造 奈良時代 8世紀
重要文化財 奈良国立博物館蔵 画像提供:奈良国立博物館

《如意輪観音菩薩坐像》
木造 古色(現状)平安時代 
9~10世紀重要文化財 画像提供:奈良国立博物館

《烏樞沙摩明王像》
絹本著色 鎌倉時代 14世紀 画像提供:奈良国立博物館【後期展示】

《辟邪絵 天刑星》(部分)
紙本著色 平安~鎌倉時代 12世紀 国宝
画像提供:奈良国立博物館【前期展示】

《泣不動縁起》(部分)
紙本著色 室町時代 15世紀 画像提供:奈良国立博物館【前後期で場面替え有】

明治28(1895)年4月、帝国奈良博物館として開館して以来、 127年の歴史を有する奈良国立博物館は、天平文化が花開いた平城京跡に近接する東大寺、興福寺、春日大社などに囲まれた奈良公園の一角にあります。同館は、特に仏教と関わりの深い古美術品や考古遺品などの保存、調査・研究、展示を通じて、優れた仏教美術の魅力とその背景にある豊かな歴史・文化を長きにわたり多くの人々に伝えてきたわが国有数の博物館です。毎秋に開催される「正倉院展」の会場として、記憶されている方も多いことと思います。

そして、奈良国立博物館は日本の仏教美術の歴史を彩る名品を数多く収蔵し、国内外を問わず多くの展覧会に所蔵品を貸与し、我が国の文化を紹介する活動に寄与してきました。このような国内有数の博物館である奈良国立博物館ですが、意外にもその所蔵品を名品展として東京で公開したことはありませんでした。そこで、この度、その魅力を多くの方々に改めて知って頂く 契機となればと考え、同館の数多くある所蔵品の中から、主として仏教に関する美術工芸品の一端、計83件を名品展という形で、ここ東京・渋谷で、ご紹介させて頂くことと致しました。国内での移動にも不自由が生じている昨今の状況を鑑み、奈良にある名品を東京で鑑賞することで、本展覧会が皆様の心の癒しとなり、さらにわが国の仏教文化に対する関心を高める機会となれば幸いです。

報道関係者様用→「SHIBUYAで仏教美術」展プレスリリース

展覧会情報

会期 2022年4月9日(土)~2022年5月29日(日)
April 9(Sat.), 2022-May 29(Sun.), 2022

前期:4月9日(土)~5月8日(日)
後期:5月10日(火)~29日(日)
※会期中、一部展示替えがあります
入館料一般1,000円(800円)、大学生800円(640円)、
高校生・60歳以上500円(400円)、小中学生100円(80円)
※( )内は渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料 
※障がい者及び付添の方1名は無料

リピーター割引
観覧日翌日以降の本展会期中、有料の入館券の半券と引き換えに、通常料金から2割引きでご入館できます。

土・日曜日、祝日・最終週は「日時指定予約制」
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、土・日曜日、祝日、および5月24日(火)以降の最終週は「日時指定予約制」となっております。
当ホームページより日時指定予約をお願いします。お出かけの際は、最新の情報をご確認ください。
ご予約はこちら
休館日月曜日、5月6日(金)