サロン展「渋谷区立松濤美術館所蔵 南 薫造 日々の美しきもの」

2021年2月12日(金)~3月7日(日)
February 12 (Fri.), 2021 to March 7 (Sun.), 2021

南薫造《西洋女性》1909年 油彩 カンヴァス
渋谷区立松濤美術館蔵

南薫造 《少女》 1922年 水彩、紙 渋谷区立松濤美術館

南薫造 《植木鉢の花》 1907-10年 水彩、紙 渋谷区立松濤美術館

南薫造 《無花果》 油彩、カンヴァス 渋谷区立松濤美術館

南薫造 《雪の積もった家》 水彩、紙 渋谷区立松濤美術館

南薫造《瀬戸の春》 1948年頃 油彩、カンヴァス 渋谷区立松濤美術館

南薫造(1883-1950)は、近代日本洋画壇に大きな足跡を残した画家です。1883(明治16)年に広島県賀茂郡内海町(現・呉市安浦町)に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で西洋画を学びました。卒業後にはイギリスへ留学し、フランスなどヨーロッパを巡り、1910(明治43)年に帰国。同年の第4回文部省美術展覧会(文展)で渡欧作《坐せる女》(1908/明治41年、広島県立美術館)が三等を受賞し、一躍、画壇にデビューします。その後も文展で受賞を重ね、洋画家として活躍を続けるとともに、日本水彩画会の創立や文展や帝展の審査員、さらに帝国芸術院会員および帝室技芸員も務めました。また、1932(昭和7)年から11年間、東京美術学校で教鞭をとり、後進の指導にもあたっています。

本展は、ご遺族からご寄贈いただいたスケッチ、水彩、油彩の作品約230点から、前回2019年2月に開催した南薫造展では展示しきれなかった、人物画や静物画を中心に紹介いたします。日々の風景や生活、そこに暮らす人々を描いた南の作品は詩情にあふれ、温かく、彼の柔和な人柄がにじみ出ているようです。これまで過ごしていた日常が当たり前でなくなった現在、何気ない生活のなかで彼が心に留めたであろう美しい瞬間を描いた作品は、私たちの生活をいっそう愛おしく感じさせてくれるかもしれません。2020年は没後70年という節目の年でした。当館所蔵の作品を通して、南薫造の魅力をお楽しみください。

展覧会情報

会期 2021年2月12日(金)~3月7日(日)
February 12 (Fri.), 2021 to March 7 (Sun.), 2021
入館料無料
休館日月曜日、2月24-26日
※「学芸員によるギャラリートーク」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間中止いたします。最新の情報は随時こちらにてお知らせしてまいりますので、お越しになる前に必ずご確認をお願い申しあげます。(2021年1月22日記)

※館内建築ツアーも、当面の間中止いたします。