サロン展「渋谷区立松濤美術館所蔵 南 薫造 日々の美しきもの」

2021年2月12日(金)~3月7日(日)
February 12 (Fri.), 2021 to March 7 (Sun.), 2021

南薫造《西洋女性》1909年 油彩 カンヴァス
渋谷区立松濤美術館蔵

南薫造(1883-1950)は、近代日本洋画壇に大きな足跡を残した画家です。1883(明治16)年に広島県内海町(現・安浦町)に生まれ、東京美術学校で西洋画を学びました。卒業後にはイギリスへ留学し、フランスなどヨーロッパを巡り、1910(明治43)年に帰国。同年の第4回文部省美術展覧会(文展)で渡欧作《坐せる女》[1908(明治41)年、広島県立美術館蔵]が三等を受賞し、一躍、画壇にデビューします。その後も受賞を重ね、洋画家として活躍を続けるとともに、水彩画会の創立や文展や帝展の審査員、さらに帝国芸術院会員および帝室技芸員も務めました。また、1932(昭和7)年から11年間、東京美術学校で教鞭をとり、後進の指導にもあたっています。

本展は、ご遺族からご寄贈いただいたスケッチ、水彩、油彩の作品、約230点から、前回2019年に開催した南薫造展では紹介しきれなかった、人物画や静物画を中心に紹介いたします。日々の風景や生活、そこに暮らす人々を描いた南の作品は詩情にあふれ、あたたかく、彼の柔和な人柄がにじみ出ているようです。これまで過ごしていた日常が当たり前でなくなった現在、何気ない生活の美しさを描いた南の作品は、見ている私たちをも癒してくれます。2020年は没後70年という節目の年でした。当館所蔵の作品を通して、南薫造の魅力をお楽しみください。

展覧会情報

会期 2021年2月12日(金)~3月7日(日)
February 12 (Fri.), 2021 to March 7 (Sun.), 2021
入館料無料
休館日月曜日、2月24-26日