サロン展 写真のノスタルジア / 特別陳列 関東大震災のイメージ

2023年3月22日(水)~2023年3月28日(火)
March 22(Wed.), 2023- 28(Tue.), 2023

石田喜一郎《夏座敷/Summer Rooms》1925年頃

福原信三「作品名不詳〔三津海岸風景〕」1926年

大田黒元雄「作品名不詳〔漁〕」手製作品集(無題)より 1921年頃

石田喜一郎《静かなる朝の小川/Stream in the Quiet Morning》1924年

石田喜一郎《清掃/ A Sturdy at Platform》1925年

掛札功《浅草/Asakusa》1920年

南薫造《大震災東京スケッチ 駿河台》1923年

写真のノスタルジア
過去の出来事を懐かしむ気持ち――ノスタルジア。一定の時間を切り取り、物質のうちに留めおこうとする写真に、人はしばしば、この感情を抱いてきました。
ノスタルジアは、1921年に福原信三たちが結成した「寫眞芸術社」にとって、とても厄介な問題でした。彼らは写真を独自の芸術たらしめるべく、「光と其諧調」による新しい表現を打ち立てますが、その過程で、ありふれた写真にも備わりうる過去への郷愁は、切り離すべき古い美学として退けなければならなかったのです。
一方で「寫眞芸術社」の作家たちは、過去の気配がのこる都会の路地裏や自然の中をそぞろ歩き、そのかけらを見つけては、フィルムの内に記録し、持ち帰りました。江戸の情緒が急速に失われゆく近代都市・東京に暮らした彼らが、たまらなく惹きつけられていたのも、ノスタルジアだったのです。
当館のコレクションで構成される今回のサロン展では、「寫眞芸術社」と、その後継である「日本写真会」に集った作家たち(福原信三、大田黒元雄、掛札功、石田喜一郎)の作品、および刊行していた雑誌、『寫眞芸術』などの資料をご紹介します。
写真の根源たる光の美学を突き詰めつつ、自らのノスタルジアとのはざまで葛藤した彼らの作品群から、改めて一枚の写真の奥深さをご堪能下さい。

関東大震災のイメージ
2023年は、関東大震災の発生から100年を数えます。江戸情緒の残る東京の市街地が、近代都市へと一気に変貌する契機となったこの震災は、当時の政治・社会・文化に多大なる影響を与えました。今回、当館コレクションの中から、南薫造が関東大震災下の東京を描いた絵画や、同時代に制作された写真作品等を、特別出品いたします。絵画と写真が描き出すリアリティの違いにも着目しつつ、100年前に東京を見舞った未曽有の大地震に、思いを馳せていただければ幸いです。

展覧会情報

会期 2023年3月22日(水)~2023年3月28日(火)
March 22(Wed.), 2023- 28(Tue.), 2023
入館料無料
休館日3月27日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※ 展示作品はすべて、渋谷区立松濤美術館蔵

イベント情報

◆展覧会担当学芸員によるギャラリートーク

3月25日(土)、3月26日(日) 午後2時~(約30分間)

※無料
※事前予約は必要ありません

イベント一覧