(ちゅ)(しま)からの染と織

─色と文様のマジック

2019年8月10日(土)~2019年9月23日(月・祝)
August 10, 2019-September 23, 2019
*会期中展示替えがあります

《黄色地鳳凰蝙蝠宝尽青海立波文様紅型綾袷衣装》(国宝) 18‒19 世紀 那覇市歴史博物館蔵

沖縄は明治時代以前には琉球王国として栄え、そこでは独自の染織文化が花開きました。本展覧会では、紅型を始めとする、最高の質を誇る国宝の琉球国王尚家伝来の染織品を中心に、芭蕉布、上布などの優品を、近年の沖縄の染織研究における新知見を加味して展示します。また、その技術が今日まで伝承されていることをふまえ、人間国宝の作家の作品を始めとした現代の諸作品も展示し、沖縄の染織の現状も併せてご紹介します。

展覧会情報

会期 2019年8月10日(土)~2019年9月23日(月・祝)
August 10, 2019-September 23, 2019
*会期中展示替えがあります
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
*( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
*土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料
*障がい者及び付添の方1名は無料
休館日月曜日(ただし、8月12日、9月16日、23日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)
主  催:渋谷区立松濤美術館