(ちゅ)(しま)からの染と織

─色と文様のマジック
Churashima Textiles-the Magic of Color and Pattern

2019年8月10日(土)~2019年9月23日(月・祝)
August 10, 2019-September 23, 2019
*会期中展示替えがあります

《黄色地鳳凰蝙蝠宝尽青海立波文様紅型綾袷衣装》(国宝) 18‒19 世紀 那覇市歴史博物館蔵

《白地霞枝垂桜燕文様紅型苧麻衣裳》(国宝) 18‒19 世紀 那覇市歴史博物館蔵

《苧麻浅地雲取に枝垂桜燕文様紅型衣裳》 19世紀 (一財)沖縄美ら島財団蔵

《木綿水色地菊水に団扇模様衣裳(裏:木綿花色地菊水に団扇松桃模様)》 19世紀 沖縄県立博物館・美術館蔵

《桃色地経緯絣苧麻衣裳》18-19世紀 那覇市歴史博物館蔵

城間榮喜作 《縮緬灰色地雲鳳凰に松藤水辺鳥文様衣裳》 1955年頃 沖縄県立博物館・美術館蔵

《御絵図帳》(国宝)
18-19世紀 
那覇市歴史博物館蔵 

沖縄は明治時代以前には琉球王国として栄え、そこでは独自の染織文化が花開きました。本展では、紅型をはじめとする、最高の質を誇る国宝の琉球国王尚家伝来の染織品を中心に、芭蕉布、上布などの優品を展示し、同地で発達した高度な染織文化をご紹介します。
また紅型の道具や文様見本帖などによってその技法の一端にふれ、染織文化への理解を深めていただきます。そして、今日までこうした技術が伝承されてきていることをふまえ、人間国宝の作家らによる現代の最高峰の諸作品により、沖縄の染織の現状もあわせて展覧します。
本展覧会は、沖縄県立博物館・美術館、一般財団法人沖縄美ら島財団および那覇市歴史博物館の全面的なご協力とそのコレクションにより構成いたします。通常の展覧会では国内各所からの出品が多いなか、本展覧会の出品はすべて制作地に直接由来する沖縄からのものであり、この点が大きな特色となります。

展覧会情報

会期 2019年8月10日(土)~2019年9月23日(月・祝)
August 10, 2019-September 23, 2019
*会期中展示替えがあります
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
*( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
*土・日曜日、祝休日及び夏休み期間は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料
*障がい者及び付添の方1名は無料
休館日月曜日(ただし、8月12日、9月16日、23日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)
主  催:渋谷区立松濤美術館