パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華

サラ・ベルナールの世界展

2019年12月7日(土)~2020年1月31日(金)
December 7, 2019-January 31, 2020
*会期中展示替えがあります

W. & D. ダウニー《『テオドラ』でのサラ・ベルナール》1884 年 写真 ダニエル・ラドゥイユ・コレクション 

アルフォンス・ミュシャ《サラ・ベルナール》1896年 リボリアンティークス蔵

ルイーズ・アベマ《サラ・ベルナール》1909年 エタンプ市美術館蔵

C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵

デザイン:アルフォンス・ミュシャ/制作:ルネ・ラリック《舞台用冠 ユリ》1895年 箱根ラリック美術館蔵

アルフレッド・クラレー《白粉「ディアファーヌ」》1890年頃 ダニエル・ラドゥイユ・コレクション

ジャック・ドゥーセ《イブニングドレス》19世紀末 個人蔵

アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ アメリカツアー版》 1895年 リボリアンティークス蔵

フランス出身の女優、サラ・ベルナール(1844*‐1923)は、19世紀半ばから20世紀初頭にかけて活動しました。パリで女優として成功を収めた後は、ヨーロッパ諸国やアメリカなどフランス国外にも活躍の場を広げました。また、自らの一座を立ち上げ劇場経営にも携わったほか、アーティストとして彫刻作品の制作を行うなど、生涯にわたって幅広い活躍を続けます。
サラは画家アルフォンス・ミュシャ(1860‐1939)や宝飾デザイナーのルネ・ラリック(1860‐1945)など、若き芸術家たちの才能をいち早く見出し、パトロンとしてその活動を庇護したことでも知られています。このようにサラはのちにアール・ヌーヴォーの旗手となる芸術家たちが大成する素地を作っただけでなく、そのデザインの成立にも深く関わった人物であったことがわかります。
本展は、サラの人生を当時の貴重な写真や肖像画、舞台衣装や装飾品のほか、ミュシャやラリックによる作品をもとに通覧する、日本初の展覧会です。また、彼女が生きたベル・エポックの時代に制作された華やかなポスター作品なども展示し、サラ・ベルナールの世界を多面的にご紹介します。

*サラの生年については諸説ありますが、本展では1844年に生まれたとする説を採用しています。

 

報道関係者様用→「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」プレスリリース

展覧会情報

会期 2019年12月7日(土)~2020年1月31日(金)
December 7, 2019-January 31, 2020
*会期中展示替えがあります
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
*( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
*土・日曜日、祝休日は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料
*障がい者及び付添の方1名は無料
休館日月曜日(ただし、1月13日は開館)、12月29日(日)~1月3日(金)、1月14日(火)
主催:渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:フランス/エタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ、ダニエル・ラドゥイユ
日本/堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)、箱根ラリック美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、リボリアンティークス
運営協力:「サラ・ベルナールの世界展」実行委員会
企画協力:株式会社燦京堂
助成:笹川日仏財団