舟越 桂 私の中にある泉

Funakoshi Katsura "Exploring My Inner Fountain"

2020年12月5日(土)~ 2021年1月31日(日)

舟越桂《水に映る月蝕》2003年 楠に彩色、大理石
作家蔵 撮影: 今井智己

舟越桂《夏のシャワー》1985年 楠に彩色、大理石、眼鏡 世田谷美術館 撮影:落合高仁

舟越桂《山を包む私》
2000年 楠に彩色、大理石 個人蔵 撮影:内田芳孝

舟越桂《「水に映る月蝕」のためのドローイング》2003年 紙に鉛筆 作家蔵 撮影:今井智己

舟越桂《戦争をみるスフィンクスⅡ》2006年
楠に彩色、大理石、革
個人蔵 撮影:内田芳孝

舟越桂《スフィンクスには何を問うか?》2020年
楠に彩色、大理石、革
作家蔵 撮影:岡野圭

現代日本を代表する彫刻家、舟越桂(1951–)は、東京藝術大学大学院在学中に函館のトラピスト修道院から聖母子像制作の依頼を受けたことを契機に、本格的に木彫での人物像の制作を開始しました。1980年代にはじまる楠の木彫彩色の人物像は、1990年代前後から異形化が試みられるようになり、新たな表現領域が切り拓かれていきました。
舟越は、一貫して人間の姿を表すことにこだわり、「自分の中の水の底に潜ってみるしかない」と、創造にあたってまず自分自身と向き合う姿勢をとり続けてきました。その背後には「ある個人を特定して語っていく事、それが普遍的に人間について語る事になっていく」という思いがあり、また創作の源となる作者の内面は、ひそかに外につながる水脈を保つ地底湖のように、社会的あるいは個人的な様々な事象を受けとめ揺らぎ続けてもいるのです。
本展ではこの作家の心のありようを、「私の中にある泉」と呼びます。そして、1980年代から今日までの代表的な彫刻作品にくわえ、ドローイング、版画、何かを思うたびに書き留められるメモ、自作のおもちゃや小物などをつぶさに見ていくことで、作品が生み出される作家自身の内なる源泉の姿そのものを探ります。

※本展覧会の図録はご好評につき、すべて完売いたしました。(2021年1月31日)
 

報道関係者様用→「舟越 桂 私の中にある泉」プレスリリース

展覧会情報

会期 2020年12月5日(土)~ 2021年1月31日(日)
入館料一般500(400)円、大学生400(320)円、
高校生・60歳以上250(200)円、小中学生100(80)円
*( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
※当面のあいだ、団体受付は中止いたします。
*土・日曜日、祝休日は小中学生無料
*毎週金曜日は渋谷区民無料
*障がい者及び付添の方1名は無料
休館日月曜日(ただし1/11は開館)、12/29(火)~1/3(日)、1/12(火)
特別協力:西村画廊