渋谷区立松濤美術館 開館40周年記念

白井晟一 入門

※土・日曜日、祝日および最終週(第1部12/7-12/12・第2部1/25-1/30)は「日時指定制」
※会期中、一部展示替えがあります

第1部/白井晟一クロニクル 2021年10月23日(土)~12月12日(日)
第2部/Back to 1981 建物公開 2022年1月4日(火)~1月30日(日)

Part 1: Chronicle of Sirai Seiichi October 23-December 12, 2021
Part 2: Back to 1981- Museum Unveiling January 4- January 30, 2022

《河村邸(旧近藤浩一路邸)》1935~36年

《渡辺博士邸(試作小住宅)》1953年 撮影:平山忠治

《秋ノ宮村役場》1950~51年 撮影:間世潜 協力:はこだてフォトアーカイブス

《滴々居》1951年~

《親和銀行東京支店》1962~63年頃

《懐霄館(親和銀行電算事務センター)》1973~75年 撮影:柿沼守利

《中央公論社 中公文庫装丁デザイン画》白井晟一建築研究所(アトリエNo.5)

《石水館(静岡市立芹沢銈介美術館)》1979~81年 撮影:古舘克明

《原爆堂》断面図 1955年 白井晟一研究所

《掃塵》 白井晟一研究所 撮影:田中俊司

白井晟一(1905~1983)は京都で生まれ、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)図案科卒業後、ドイツで哲学を学ぶなど異色の経歴をもつ建築家です。林芙美子などと交流した滞欧期を経て帰国後、義兄の画家・近藤浩一路の自邸の設計を手掛けたことを契機に独学で建築家への道に進みました。その後「歓帰荘」「秋ノ宮村役場」といった初期の木造の個人住宅・公共建築から、「親和銀行本店」「ノアビル」「渋谷区立松濤美術館」など後期の記念碑的建築まで、多くの記憶に残る作品を残しました。そのユニークなスタイルから哲学の建築家などとも評されてきました。
一方で、建築以外の分野でも才能を発揮し、多くの装丁デザインを手がけ、そのなかには「中公新書」の書籍装丁など現在まで使用されているものもあります。また著作や、書家としての活動など、建築の枠組みを超え、形や空間に対する思索を続けました。

本展は、初期から晩年までの白井建築や、その多彩な活動の全体像にふれる、いわば白井晟一入門編として構成するものです。
第1部では白井晟一の設計した展示室でオリジナル図面、建築模型、装丁デザイン画、書などを、白井晟一研究所のアーカイヴを中心に展示し、その活動をたどります。第2部では、晩年の代表的建築のひとつである松濤美術館そのものに焦点をあてます。長年、展示向けに壁面等が設置されている展示室を、白井がイメージした当初の姿に近づけ公開します。

 

報道関係者様用→「白井晟一入門」展プレスリリース

展覧会情報

会期 第1部/白井晟一クロニクル 2021年10月23日(土)~12月12日(日)
第2部/Back to 1981 建物公開 2022年1月4日(火)~1月30日(日)

Part 1: Chronicle of Sirai Seiichi October 23-December 12, 2021
Part 2: Back to 1981- Museum Unveiling January 4- January 30, 2022

入館料一般1,000円(800円)、大学生800円(640円)、高校生・60歳以上500円(400円)、小中学生100円(80円)
※( )内は渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料 
※障がい者及び付添の方1名は無料

※リピーター割引
観覧日翌日以降の本展会期中、有料の入館券の半券と引き換えに、通常料金から2割引きでご入館できます。
休館日月曜日(ただし、1月10日は開館)、11月4日(木)、1月11日(火)
※本展会期中は毎週金曜日の夜間開館は中止いたします。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。
 最新情報は、当館ホームページ等でご確認ください。
※土日祝日・最終週は日時指定制
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、土・日曜日、祝日、および最終週(第1部12/7~12/12、第2部1/25~1/30)は「日時指定制」を予定しております。
詳細は当館ホームページでお知らせいたします。お出かけの際は、最新の情報をご確認ください。

イベント情報

1. シンポジウム「白井晟一とはどういう建築家だったのか」

登壇者:建畠晢(多摩美術大学学長)、布野修司(日本大学特任教授)、松山巖(作家・評論家)
司会:白井昱磨(白井晟一研究所)
日時:2021年10月23日(土) 14:00~16:00
会場:地下2階ホール

※無料(要入館料) ※定員40名(申し込み先着順) ※事前申し込みが必要です

[事前申込]
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、「参加希望のイベント名と番号」をご記入の上、お申込みください。1通につき1名まで申込可能。(2021年10月15日10:00~よりお申込み受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に@airrsv.netと@shoto-museum.jpドメインより受信できるようにしてください。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

 

2. 講演会「松濤美術館が建つまで~白井晟一に師事して・建築プロジェクトこぼれ話~

出演:柿沼守利(建築家、柿沼守利研究室)
聞き手:平泉千枝、木原天彦 (渋谷区立松濤美術館 学芸員)
日時:2021年11月13日(土) 14:00~15:30
会場:地下2階ホール

※無料(要入館料) ※定員40名(申し込み先着順) ※事前申し込みが必要です

[事前申込]
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、「参加希望のイベント名と番号」をご記入の上、お申込みください。1通につき1名まで申込可能。(2021年10月15日10:00~よりお申込み受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に@airrsv.netと@shoto-museum.jpドメインより受信できるようにしてください。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

3. トークセッション「21世紀、白井晟一建築について語る」

出演:田根剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)、白井原太(白井晟一建築研究所(アトリエNo.5))
聞き手:木原天彦(渋谷区立松濤美術館 学芸員)
日時:2021年12月上旬 14:00~15:30 ※詳細な日程は決定次第当館HP等で告知いたします。
会場:地下2階ホール

※無料(要入館料) ※定員40名(申し込み先着順) ※事前申し込みが必要です

[事前申込]
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、「参加希望のイベント名と番号」をご記入の上、お申込みください。1通につき1名まで申込可能。(2021年10月15日10:00~よりお申込み受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に@airrsv.netと@shoto-museum.jpドメインより受信できるようにしてください。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

4. クロージングトーク:白井晟一建築について語ろう

出演:羽藤広輔(信州大学工学部建築学科 准教授)
Zoom参加:川口佳子(長崎県美術館 学芸員)・井上康彦(アーツ前橋 学芸員)
聞き手:平泉千枝、木原天彦(渋谷区立松濤美術館 学芸員)
日時:2022年1月22日(土) 14:00~15:30
会場:地下1階展示室

※無料(要入館料) ※定員40名(申し込み先着順) ※事前申し込みが必要です

[事前申込]
往復はがき、または当館ホームページの日時指定予約サイトにて〒・住所・氏名・日中連絡のつく電話番号、「参加希望のイベント名と番号」をご記入の上、お申込みください。1通につき1名まで申込可能。(2021年10月15日10:00~よりお申込み受付開始)

※迷惑メール等の受信制限をされている方は、事前に@airrsv.netと@shoto-museum.jpドメインより受信できるようにしてください。
※会期や開館時間、イベント等変更する場合があります。最新情報は当館ホームページ等でご確認ください。

◆館内建築ツアー

白井晟一設計の美術館建築を職員がご案内します

1月7日(金)、8日(土)、9日(日)、14日(金)、15日(土)、16日(日)、21日(金)、23日(日)、28日(金)、29日(土)、30日(日)

金曜日:11:00~ 土・日曜日 16:00~(各約40分)
※無料(要入館料) ※各回定員20名 ※事前申込の必要はありません (土・日曜日は要入館予約)

イベント一覧